睡眠の質をあげるには温度と湿度が重要

睡眠の質をあげるには温度と湿度が重要

 

睡眠の質を上げる為には、室内の温度を適温に保っておくことが大切だと思いま

 

す。寒すぎても暑すぎても不快で、途中で目が覚めたりして眠りが浅くなって睡

 

眠の質が悪くなります。
エアコンは室温を一定に保つことができるので、夏場や冬場はエアコンの使用が

 

最も効果的です。でもそれ以外の時期にエアコンを利用するのはお金がかかるの

 

でおすすめできません。
エアコンを使用しない時期は、できるだけ適温になるように就寝服や布団で調節

 

するのがいいと思います。寝具の中の理想の温度は33℃前後といわれています

 

。その温度をできるだけ保つように、夏場はエアコンの温度は28度位で、冬場

 

は20度位で調節するのが効果的です。
睡眠には温度だけでなく湿度も影響します。いくら温度が適温であっても寝苦し

 

くて睡眠の質が悪くなることがあります。湿度に関しては、季節を問わず50%〜

 

60%位が理想です。それを大きく超えたりした時には、エアコンは冷房を使うよ

 

り除湿に切り替えたほうが効果的です。
良い睡眠には温度だけでなく湿度も適温でななければ、質の良い眠りはできない

 

のです。よく眠れる環境を作るには、常に布団の中に入った時の温度が一定に保

 

たれるのが理想です。